どこでもできる電話会議を導入するべきです

どこでもできる電話会議を導入するべきです

英語での電話会議をスムーズに進めるには

リアルタイムで海外にいる人と案件を詰める電話会議はとても便利です。しかしながら、やり取りする相手との共通英語が英語である場合には、とても緊張しますよね。何を話して良いかわからなくなったりしてしまいます。そこで、今回は、英語での電話会議をスムーズに進めるためのコツを考えてみました。

まずは、人数です。慣れていないのに多人数で行うと誰が誰かわかりません。できれば、5人くらいまでが良いでしょう。次には、議長を決めておきましょう。自分でも良いと思います。たどたどしく進めていれば、案外、周りはそれに合わせてくれます。その場合に、必ず相手の名前はメモしておくこと。名前の間違いは非常に失礼です。

最後には、電話会議での議題及びキーワードの日本語と英語とを表にしておきましょう。仕事上での会話というのは、ある程度、ビジネスの単語を組わせれば進めることができます。そのため、ここは、面倒ですが、時間をかけて行いましょう。