どこでもできる電話会議を導入するべきです

どこでもできる電話会議を導入するべきです

電話会議を導入した企業は環境に配慮しているイメージを与える

企業が電話会議を導入する理由は、会議にかかるコストや時間を節約することであります。企業にとってお金がかかるコストや無駄な移動時間はできるだけ少なくしたいのが本音であります。ですから、それらの両者を全て解決してくれる電話会議はまさに企業としては理想のあり方なのです。

しかし、電話会議にはまだ他のメリットもあるのです。それは、移動手段がなくなることに関係しています。従業員が遠方で働いている支店から実際に会議が行われる本店まで向かうとなると、新幹線や飛行機を使うことがほとんどです。しかし、これらの交通機関を利用すれば、CO2問題が絡んできます。今は、オゾン層の破壊による地球温暖化の影響で、世界中がCO2の排出量に関して関心を持っています。

そうした時に、企業が電話会議を率先して導入することで、移動手段である新幹線や飛行機を使う機会が減るので、その結果としてCO2の排出量を抑えることをアピールできます。つまり、環境に配慮した企業として、良いイメージを世間に与えることができるのです。