どこでもできる電話会議を導入するべきです

どこでもできる電話会議を導入するべきです

電話会議における未来予測

会議というと全国から人が出張して来て、同じ時間を共有しながら集まった時代が懐かしくなるかもしれません。未来では生まれた時からインターネット、携帯電話が当たり前の世代が社会人として働いているわけです。彼らはその機種を有効に使いながら時間の合理化も考えていきますから、電話会議の存在が当たり前のように存在して来るのは時間の問題でした。

会社の存在も一国だけにとどまらないグローバルな時代に入ってきています。したがって世界を結んで、同時に様々な国の人と話し合うことが必ず必要になってきます。相手が睡眠中ならメールで、自分と同じ時間に活動しているようなら電話での会議が可能になります。

相手の顔も見ながら会議が出来たら、次に開発されるのは同時にコミュニケーションの取れる方法です。語学の苦手な人も、最近は「指さし会話」の本を持参して旅する時代です。話すそばから同時通訳が可能になれば、ますます便利になります。苦手な語学を勉強するよりも同時通訳の機械の操作を覚える方が先という時代はすぐそこかもしれません。