どこでもできる電話会議を導入するべきです

どこでもできる電話会議を導入するべきです

ビジネスが国際化した裏にある画期的な電話会議

ビジネスは今や場所や距離、そして国籍も関係のない時代になりました。昔は手紙でのやり取りから始まり、電話が開発され、今はインターネットが主流の時代です。さらには無料のSNSが存在したりとその通信における広がり、可能性は今後も無限大かもしれません。

会社において会議は必要不可欠です。ですがビジネスが国際化する中でその参加者は同じ空間にいられないケースも出てきます。そこで「電話会議」が取り入れられたのです。議事録を参加できなかったものに回す、あるいは個々に打ち合わせをして内容を詰め合わせる、これは非常に効率が悪く、また意見をまとめるのは難しいです。電話回線をつなぎ場所は異なれど声で繋がり会議を行う、これがいかに画期的かわかります。

インターネットでも、そのSNSでもそれらは可能となり今はビデオカメラも設置され顔をテレビ越しに見ながら会議する方が主流かもしれません。ですが電話回線から始まったこの電話会議の画期性はビジネスが国際化したルーツの一つでもあると言えるでしょう。今後、通信はさらにどのように発展していくのか期待されます。