どこでもできる電話会議を導入するべきです

どこでもできる電話会議を導入するべきです

電話会議の相手先が海外の企業だったなら

国際社会の現在では会議も国内の企業間だけでなく、海外の企業と外国語で会議を行うことも珍しくない時代となりました。実際に一堂に会しての会議もあるでしょうが、電話会議もやはり多いと思います。電話会議は遠く離れた場所同士の会議に適していますので、当然の事と言えるでしょう。

しかし海外の企業との会議ともなれば、いかに便利な電話会議であっても時として電話ゆえの難しさも出てくると思います。それが言葉の壁です。電話という関係上、言葉のみでやり取りを行うので、それが顕著に表れます。さらにお互い本国の現地で会議をする訳ですから、声の先に外国の人間が居ることを忘れるのか、白熱した際に、ネイティブな外国語で俗語を連発される場合もあるかと思います。

やはりそれに対しては、予習が効果的でしょう。事前に前回の会議の資料や次回の資料を集めて、出て来るであろう言葉とその俗語を調べておくと良いでしょう。また、電話会議でも、俗語が分からない外国人だと先に表明しておく、なども有効かも知れません。

お役立ち情報